OBERWERTHが尋ねた:フィリップ・ラインハルトで日本が一度そして戻って

OBERWERTHが尋ねた:フィリップ・ラインハルトで日本が一度そして戻って


写真:©Philipp Reinhard

フィリップのホームページ、彼のブログ、またはInstagramでフィリップの写真をもっと見つけることができます

JAPAN ONCE AND BACK、Please!

今年の2月に私たちのブランドアンバサダーフィリップラインハルトは7つのものを詰め、ドイツから沖縄まで飛行機で9000 km以上の非常に特別な旅に出ました。彼の旅行の理由:ヴィッセル神戸のサッカーチームのシーズン前の準備。待ってください、それは私たちのドイツの世界チャンピオンであるルーカスポドルスキのチームではありませんか?丁度!

もちろん、私たちもあなたと同じようにワクワクしているので、フィリップにチャットをお願いしました。この世界の珍しい旅行がどのようにして起こったのか、フィリップが日本で経験したこと、特にフィリップが印象に残ったことをインタビューで読んでください。
Oberwerth:日本から帰国し、すでにロシアに向かっているKonichiwa Philipp。ドイツ代表チームのチームカメラマンとして、あなたはもちろん今、熱い段階に入っています。日本への旅行について少しお時間を割いてくださったことに、本当に感謝しています。

フィリップ・ラインハルト:モイン!直接ジャンプするとかなりうまくいきます。日本は残念ながら数日前ですが、アブダビから来たばかりです。私はそこでとても楽しい時間を過ごし、ジミー・ペルカとPP-パフォーマンスの「高貴なチューニングフォージ」についていくつかの興味深い洞察を得ることができました。

Oberwerth:それから、それが自然にうまくいったことは、私たちにとってより幸せです。まず第一に、私たちはもちろん非常に興味があります。星座はどうやって地球を9000 km飛行して、新シーズンの準備として、ヴィッセル神戸のLukas Podolskiと彼のチームを撮影したのでしょうか。

フィリップ・ラインハルト:ルカス・ポドルスキと私は、最後の日本旅行で少しぐるぐる回っていて、私たちが将来何ができるかを考えていて、訓練キャンプを比較的早く見ました。私たち2人は茂みについて長い間話をしないので、その後まもなく問題はかなり修正されました。私は今、日本の大ファンになりました。今年のシーズン中に、ヴィッセル神戸とポルディをいずれかの試合に連れて行くことをすでに楽しみにしています。正直なところ、フランクフルト-神戸または大阪も12時間の「わずか」の飛行時間で非常に簡単です-沖縄は別の数でした。私はようやく到着するまで24時間通り道にいました。そして、私はダウリングしませんでした! (笑)

 
 

 
 

 

オーバーウェルス:24時間、すごい! 「ワールドツアー」という言葉は、まったく新しい意味を持っています。沖縄で数日後、大阪、京都、東京を経由して神戸に行きました。いったん日本中、いわば、サッカーチームと一緒に全国を旅するのはどうですか。そして、「必見」としてお勧めの都市はどれですか?

フィリップ・ラインハルト:私はこれを簡単に修正する必要があります私は東京を経由して沖縄に行き、合宿の後で神戸にまっすぐ行きました。その後、2日間の休暇で大阪と京都を探索しました。それから、私はさらに3日間神戸に戻りました。それから私の「サービス」は完了し、東京に帰国する前に2日間東京に行きました。京都と東京は私を圧倒しました、特にそれらは2つの非常に異なる都市ですが、それぞれがかなりユニークです。文化や伝統/現代性、空中の食べ物や全体の感覚は、絶対にユニークです。京都の伝統的な寺院や、クレイジーな公園、通り、東京のボヘミアンクォーターなど。この点では、京都と東京が私のお薦めですが、日本はすべて旅行する価値があります。

札幌も、特に冬は絶対に美味しくなければなりません。次回はぜひ見たいです。そしてもちろん、チームと一緒にこの地域を旅行することは常に特別なことです(Oberwerthからの注:Philippはクレイルスハイムマーリンズバスケットボールチーム(1番目のバスケットボールブンデスリーガ)とチームの写真家としてのDFBチームに同行します)。何も理解しておらず、空港で簡単に混乱しています。結局のところ、あなたは観光客として早い段階で気づかれるでしょう、混乱はほとんど不可能です。 (笑)

Oberwerth:あなたは間違いなく国とその人々にかなり熱狂的に聞こえます:日本について特にあなたを魅了したことは何ですか?そして、あなたに少し衝撃を与えたものは何ですか? ;-)

フィリップ・ラインハルト:熱意について聞いたことがあります。私はあそこの伝統が大好きで、ラーメンのスープと人々の親しみやすさが大好きです。そして言ったように、都市は私を魅了しました。少しショックを受けたのは何ですか?女性がスーツケースを持ち歩きたいと思ったときショックを受けました。スーツケースを止めることができませんでした。すべての賭けにおいて、スーツケースはそれを運ぶ女性の2倍の重さでした。将来のトイレも見逃せません。ヨーロッパ人としてプロのトイレを試したことがある人なら誰でも、私が何を話しているか知っています。それは私のおばあちゃんにとってスマートフォンと同じくらい複雑で、少なくとも野生のヒヒと同じくらい危険です。
Oberwerth:最後に、写真に戻りましょう。ライカのカメラで独占的に撮影し、Q、CL、SL、Sを所有しています。すべての写真家は、彼のカメラシステムの擁護者として知られています。なぜライカを特に選んだのですか?

フィリップ・ラインハルト:はい、私がライカでのみ写真を撮るのは正しいことです。最初のアナログライカCLを購入してから、デジタルライカMとQを試して以来、その概念を理解し、決断しました。必需品に集中し、写真を撮ることから気を散らさないシステムは、最初は不快ですが、常に快適ゾーンからあなたを連れ出します。結局のところ、新しいものは常に快適ゾーンの外にあります。そこで、私はできるだけ頻繁に移動したいと考えています。同じ写真を2度撮るのは嫌です。さらに、その感触は抜群で、カメラのデザインは特別なものであり、写真の外観は私にとって絶対に魅力的です-そのため、私は絶対に変更する予定はありません!個人的にはまだ重要なことですが、ライカに決めたので、テクノロジーについて常に考えているわけではありません。私にとって、これはほとんどまったくナンセンスです-より優れたテクノロジーが実際に優れた写真を撮ることは決してありません!この絵はモチーフから生まれたものであり、重要なものです。状況をどのように処理して写真を撮るか。

Oberwerth:それはかなりふさわしい結論のように思えます!フィリップ、素敵な会話の時間を見つけてくれてありがとう。さて、もちろん、私たちはあなたとDFBチームがワールドカップで頑張ってくれることを願っています。ロシアからの多くの素晴らしい写真とストーリーを楽しみにしています。あなたの夏休みの後に、あなたの経験についてもう一度教えていただければ幸いです。

フィリップ・ラインハルト:私たちは確かにそれを管理します、あなたが話すことができるいずれかが起こります。 Oberwerthでの楽しいインタビューとすばらしいサポートに感謝します。私のオーバーウェルスが私の肩にぶら下がっているのには理由がありません!肌を清潔にして、また会いましょう!
注:フィリップラインハルトは現在、バートメルゲントハイムカルチャーフォーラムで、「魅惑のキューバ-美しさと衰退の間」と題した一連の写真を展示しています。展覧会は9月9日まで関心のある人々に公開されています。

Südwest-Rundfunk(SWR)へのインタビューで、Philippは彼の作品、彼のインスピレーション、そして写真を撮るときに彼にとって何が重要であるかについてさらに興味深い洞察を提供します-必ずチェックしてください!

コメントを残す

Oberwerthクラシックライン

カテゴリー