カメラバッグには何を入れる?

椎間板ヘルニアや、重すぎるカメラバッグによる痛みを伴う緊張を避けるだけでなく、カメラバッグが実用的で扱いやすいことを保証するために、その中身を少し扱うことが重要です。正確には何 カメラバッグ まず第一に、2つの重要な要素に依存します。どのタイプの写真をどのフレームに入れるべきか、そしてどのカメラバッグがすでに利用可能であるかです。既存の写真機材と写真家の経験のレベルも役割を果たしますが、一部の機材は、特に初心者にとって安価な代替品を提供する、型にはまらない日常のオブジェクトに置き換えることができます。バッグの容量は、とりわけ、バッグ内で輸送できる物体を自然に決定します。の理想的なコンテンツへの一般的なガイドを提供するには カメラバッグ 提供するために、したがって適切なバッグを選択するのを助けるために、経験豊富な写真家にとって重要ないくつかの重要なポイントを以下に示します。写真機材だけでなく、カメラバッグにも他のアイテムがありますが、それは完全に写真家次第です!

場合によって異なります

いくつかの努力のために、写真家はそれを必要とします 豊富な設備さまざまなレンズを備えたカメラに加えて、反射スクリーン、重い三脚、ラップトップも含まれています。ストリートスナップのスナップショットをいくつか撮ることを目的とした街歩きなど、その他の場合は、羽のように軽く、 憧れの鳥がレンズの前で羽ばたくまで、森の中を何時間も気楽に。あらゆる場面に理想的に詰め込まれたカメラバッグのようなものはありません。むしろ、それは写真家の個人的な好み、彼の機器、そして何よりもその場に依存します。ただし、初心者、プロ、学校、冒険の写真家であるかどうかに関係なく、写真家が大切にする基本事項がいくつかあります。

写真機材の基本

カメラに加えて、すべての人に不可欠ないくつかの基本的な機器があります フォトバッグ 属する。これには、1つまたは複数のレンズ、予備のバッテリー、空のメモリカードのほか、レンズクリーニングクロス、小さなブラシ、ベローズなどのクリーニングアクセサリが含まれます。これらの基本に加えて、多くの写真家はリモートリリースとシステムフラッシュを高く評価しています。もちろん、適切なバッテリーまたは充電器をカメラバッグに詰める必要があります。経験豊富な写真家は、いつも持っているさまざまなフィルターをよく使用します。これらには、さまざまな色のフィルターまたは偏光フィルター、長時間露光用の灰色の目盛り付きフィルターまたは灰色のフィルターが含まれます。三脚や反射傘なども同梱すると、少し扱いにくくなります。ビデオライト、スタジオライト、または自動車写真で一般的なリグなどの特別なアタッチメントなどの重くてかさばる機器は、特定の場合にのみ必要になる場合があります。

実際の写真撮影機器に加えて、都市地図や旅行ガイドのために少し余分なスペースがあると便利です。ノートブックとペンは、特別な場所、1日の特定の時間帯の照明条件、または将来の写真の冒険のための素晴らしいアイデアを記録するのにも役立ちます。場合によっては、おやつ、水筒、レインジャケット、携帯電話、財布なども充実したものになっていることがあります。 カメラバッグ。輸送できるレンズの数も制限される可能性があるため、カメラバッグ内で正しく分割することが重要です。たとえば、ラップトップやタブレットを収納したい場合は、購入時にカメラバッグを適切に分割することをお勧めします。

右のカメラバッグ

ストリートスナップには理想的です 普段使いに適した目立たないバッグ 結婚式の写真家は、より多くの機器を持ち、快適なトロリーケースを手に入れることを好むかもしれません。用途や興味によって、中身だけでなくカメラバッグの形も異なります。一般的には 防水 防汚バッグをお勧めします。これには、追加のレインカバーが付いている場合もあります。貴重な内容物をよりよく保護するための内部パッド付きの頑丈なポケットもお勧めします。バッグはそれぞれの使用に便利で快適であることが重要です。

他のすべては実際には好みの問題であるか、それぞれの使用のための特別な要件に依存します。バッグの容量と輸送方法は重要です。トロリーケースは、さまざまな機器を使用する場合に実用的ですが、自然写真の起伏の多い地形ではあまり役立ちません。ストリートや旅行の写真では、盗難防止や光学などの特別な質問もあります。だからあなたは注目を集めて入居したくないかもしれません 日常のデザイン 典型的なフォトバッグで、その外観からすぐに中身を推測できます。実用的な問題に加えて、光学と 材料 もちろん、それはあなたの個人的なスタイルにも依存し、カメラバッグは特に写真家に適しており、いつでもすぐに利用できる必要があります。

ちょっとしたトリック

写真の専門家は、時々大きく変わる可能性のある小さなトリックについて知っています。カメラバッグに入れたものが型にはまらない、あるいはばかげているように見える場合でも、ハンカチ、シャワーキャップ、粘着テープは、写真の遠足を成功させるための条件を作り出すことができます。白いハンカチは、たとえば、ホワイトバランスに使用でき、シャワーキャップは、最も一般的なチャンバーの損傷、つまり水による損傷から保護でき、粘着テープまたはダクトテープは、2番目の手のペアを置き換えることができます。実用的な場所でシステムフラッシュを修正します。ポケットやヘッドランプは人工光源としても機能し、ゴリラポッドとも呼ばれる多くの可動ジョイントを備えた小型で軽量の三脚は、カメラを異常な場所に固定できるため、非常に特殊な視野角が可能になります。

テストは勉強以上のものです

最終的に、理想的なコンテンツは1つになります カメラバッグ 着用者や機会の特定の好みだけでなく、バッグ自体や使用するカメラにも依存します。機器のどのコンポーネントが適切または必要かわからない場合は、カメラバッグに最小限の完全な機器を装備し、不足しているものや不要なものに注意を払うと役立ちます。特に冒頭で、隅に底に隠されていた不要な機器が存在しないので、次の時間があること、常にミッションの後、完全にカメラバッグを展開することが重要である...多くのカメラマンもminimalisticallyと増加経験機器で始まる感謝しますの中に カメラバッグ 徐々に拡大していきます!

画像: Phil Penman

うねり

https://www.foto-hess.de/2017/05/18/wie-finde-ich-die-perfekte-fototasche-5-fragen-die-zum-ziel-fuehren/

https://www.wandelbar-photo.de/kameratasche/

https://christiananderl.com/blog/5-dinge-fuer-die-kameratasche/

コメントを残す

コメントは承認され次第、表示されます。

Shop now

You can use this element to add a quote, content...