私は結婚式の写真家として何を着ていますか?

結婚式で写真家になることはエキサイティングな仕事です。二人の人生の中でこのユニークで非常に特別な日を撮影することも多くの責任を負います。結局のところ、新郎新婦は写真家が撮影したこの日の感動的で美しいものをすべてフィルムで見たいと思っています。同時に、経験豊富な結婚式の写真家は、終日のレポートのために最大17時間結婚式で忙しく、一日中立ち上がることができることを知っています。したがって、あなたの服装は快適で実用的であると同時に、特別な機会にうまく適応する必要があります。あなたが考慮すべきことと経験豊富な結婚式の写真家が推奨することは、ここを読んでください!

結婚式は衣装を決定します

まず第一に、写真家の服は主に彼らの結婚式のための新郎新婦の願いとアイデアに基づいているべきであると言われるべきです。これを行うには、早い段階で新郎新婦とドレスの問題について話し合い、ドレスコードを知っており、場所によっても案内される必要があります。

当然のことながら、これは通常、新郎新婦の側で写真家を選択することによって起こります。新郎新婦はすでに自分に合った写真家を探しているからです。写真家が写真だけでなく服も自分のスタイルにこだわるなら、アンサンブルは一貫しているはずです。シックとカジュアルの間のスケールには常に少し余裕があり、結婚式に合わせて個別に調整する必要があります。

新郎新婦と写真家をつなぐ個人的な関係も、適切な服装を選ぶために重要です。写真家として、あなたは必ずしも単なるサービスプロバイダーではなく、時にはゲストでもあるからです。関係がかなり友好的で、新郎新婦が写真家を特別ゲストと見なす場合は、ゲストの間で目立たないように、彼らは1人のようにドレスアップする必要があります。

一方、サービスプロバイダーと顧客の関係がより重要であり、ブライダルカップルが写真家にとって非常に控えめな服装を好む場合、写真家はウェイターとウェイトレスの服をガイドとして使用して、たとえば、結婚式。そのため、クラシックでエレガント、そして目立たないもので、ほとんどの場合正確に機能します。

裁量は貿易の一部です

結婚式ビジネスの他のサービスプロバイダーと同様に、控えめな態度はしばしば写真家によって非常に高く評価されています。たぶん、「笑顔でお願いします」と集合写真を撮りたいだけでなく、あちこちで見過ごされている本当の自発的な出会いや反応を捉えたいと思うかもしれません。鮮やかな色のシャツを着て歩き回っている人は、最初の写真に恥ずかしがり屋のゲストを怖がらせたかもしれません。

その結果、プロの結婚式の写真家の間で最も人気のあるオプションの1つはスーツです。とにかくドレスアップするのが好きで、タキシードでくつろいでいるのが好きな人は誰でも間違いなくこの方法で行くことができます。一方、カジュアルな傾向がある場合は、黒のジーンズと素敵でシンプルなシャツがぴったりです。

実用的な理由から、経験豊富な結婚式の写真家は常に耐候性のあるものと彼との交換用の服を持っています。学校を選ぶときは、シンプルさや優雅さなどの美的側面に加えて、快適さや低騒音などの実用的な側面も役割を果たす必要があります。結婚式の写真家として、きしむ靴やガタガタした靴で不必要な注目を集めたくないことは間違いありません!

エレガントな結婚式でスタイルブレイクを犯さないために、写真家はもちろん、予備のバッテリーやレンズキャップなどの写真のすべての小さな部分が収まる実用的なカーゴパンツを交換する方法を考える必要があります。右の写真バッグは、ここで金でその重量の価値があります。エレガントなお祝いに頻繁に出かける人には、時代を超えて美しく耐久性のあるレザーバッグをお勧めします。写真家の心が望むものはすべて目立たないように消えていくので、疑わしい場合はいつでも手元にあります。

服を選ぶときは、自分でどのような努力をして写真を撮りたいかということも重要です。完璧な写真を撮るために土に身を投げたり、木に登ったりしたい場合は、すぐに美しいスーツを台無しにすることができます。それが本当にあなた自身のスタイルではない場合は、よりエレガントなものがより現実的かもしれません。

結婚式の写真家:選択のために甘やかされて育った

結婚式の写真家のための服の選択について、フォーラムやインターネットで多くのことが書かれ、熱く議論されています。しかし、写真家はどうですか?ええと、黒いズボンとシャツはまだ通っているかもしれませんが、女性はそれが特にシックだとは思いません。

女性写真家のための結婚式の服装の選択は少し複雑になる可能性がありますが、女性は一般的に結婚式でファッションのための少し多くの余地があるという利点があります。だからあなたは選択のために甘やかされており、カクテルドレスからオーバーオールまで、ほとんどすべてが含まれています。

実用的な理由から、多くの結婚式の写真家は、できるだけ動きやすく、不要なちらつきを避けるために、ドレスとスカートが膝を覆うようにすることをお勧めします。ファッショナブルな服装だけでなく、何よりも快適な服装も同様に重要です。完璧な服装は、色やパターンの点でも派手すぎません。他の立ち入り禁止は、白いドレス(花嫁は通常すでにそれらを着ています)とキラキラしたりガサガサ音を立てたりするものです。同様に、結婚式の写真家のための不快な靴とガタガタするかかとは家にいることを歓迎します!現代の写真家のために、Oberwerthは マッチングカメラバッグ。ハンドバッグとカメラバッグを1つにまとめたもの。

独特の衣装への勇気

多くの結婚式の写真家は、クラシックなスーツや黒のジーンズとシャツの組み合わせに頼ることを好みますが、エレガントな服装ではなく、ファッショナブルな独特の服を着ることを好む写真家もいます。あなたがそのタイプであるかどうかは、何よりも、私生活や日常生活でファッショナブルになりたいかどうかにかかっています。

最良の場合、写真家の衣装は彼のトレードマークになることができます。たとえば、結婚式の写真家の中には、外出するたびに同じ特別な蝶ネクタイや帽子をかぶる人もいます。これは、結婚式のゲストにはすでに認識されています。

信憑性は報われる

自分の肌だけでなく、結婚式の服装でも快適に感じる人は、人懐っこくて本物のように出くわします。疑わしい場合は、そのような写真家は新郎新婦とゲストに受け入れられ、この信頼の基盤のおかげでより良い写真を撮ることができます。それにもかかわらず、写真家の服装はもちろん常に主にそして主にイベント、ドレスコードおよび場所と一致しなければなりません。

オリジナルの衣装は砕氷船としても機能し、結婚式のゲストへの架け橋を築くのに役立ちます。特にカメラの前にいるのが嫌いな人にとっては、本物で本物のように出くわす人を見るのはリラックスできるかもしれません。そうすれば、彼らもそこにいるのとまったく同じように写真を撮ることができ、写真の中で新郎新婦は彼らの本物の自分として認識されます。

ソース

https://neunzehn72.de/was-ziehe-ich-auf-hochzeiten-an/

https://blog.lydiakrumpholz.de/was-traegt-man-als-hochzeitsfotografin/

https://blog.andreheinermann.de/was-ziehe-ich-als-hochzeitsfotograf-an/ https://www.store.christinaeduard.de/outfit_hochzeitsfotograf

コメントを残す

コメントは承認され次第、表示されます。

Shop now

You can use this element to add a quote, content...