Alan Weinschel(EN)によるハーフケースLeicaM10ライトラインのレビュー

バッグとケースのOberwerthラインは常に非常に高品質でした。 LHSAの50周年記念バッグを含め、2つのOberwerthカメラバッグを使用しています。ハーフケースであれ、非常に不正確な名前の「エバーレディ」ケースであれ、私はカメラケースの大ファンではありませんでしたが、ライカM10のオーバーワース「ライトライン」ケースを試す機会があったとき、私は非常に嬉しく驚きました。それは私のM10-Rへの本当に素晴らしい追加になります。
ケースは、生地のような外観の美しい箱(図1)に入っていました。この特定のケースは暗いです
赤みがかった色調の茶色。添付の写真は私のカメラのケースを示しています。フィット感と仕上がりは抜群です。革は心地よく、ステッチは非常に正確です。カメラはケースにスライドし、カメラの三脚ソケットにかみ合うネジで固定されます。他のモデルについてはわかりませんが、このモデルではベースプレートを取り外す必要があります。ライカのハンドグリップを使用していたため、M10-Rの元のベースプレートはすでにオフになっていたため、これは私にとって問題ではありませんでした。コインを使ってネジを締めることができます。
ご覧のとおり、下部には目立たない「Oberwerth」のスタンプがあります。
ストラップラグの周りのフィット感は、ストラップに干渉しないように非常に適切なサイズになっています。
前面のケースは、すべての前面のコントロールボタンとレバーに合わせて調整されています。
後部では、画面とボタンの周りのフィッティングが優れています。
このケースの最も優れた機能の1つは、バッテリーとSDカードを使用してコンパートメントにアクセスするためにケースを取り外す必要がないことです。従来のMカメラの方法では、OEMベースプレートまたはOEMハンドグリップを使用するには、バッテリーを交換したりSDカードにアクセスしたりする必要があるときにベースを取り外す必要があります。このケースには、この問題を解決する巧妙に設計された磁気フラップがあります。ベースプレートが存在しないというリマインダーがないため、カメラは磁石を認識する必要があります。
磁気フラップのヒンジが繰り返しの屈曲に耐えられるかどうかはまだわかりませんが、かなりよくできているようです。私の唯一の不満は、マイナーですが、右側にもう少しグリップが組み込まれている方がよかったということです。グリップは「裸の」カメラよりも改良されていますが、OEMハンドグリップよりもグリップ面が少なくなっています。もちろん、トレードオフは、ケースによって提供される保護と下部フラップの利便性です。結局のところ、この事件は間違いなくその戦いに勝ったと思います。私はオーバーワースをカメラに留めておくつもりです。